お宮参り

お宮参りの写真撮影の相場はどれくらい?費用を安くするコツを紹介!

  • お宮参りの写真撮影の相場を教えて
  • お宮参りの写真撮影の費用を安くする方法はあるの?

赤ちゃんが生後1ヶ月頃に神社へ行くお宮参りですが、家族みんなできちんと写真撮影をして記念写真を残しておきたいですよね。

しかしお宮参りが初めてのパパは写真撮影の費用の相場がわからないのではないでしょうか。

この記事では、お宮参りの写真撮影の相場についてくわしく解説します。この記事を読めば、写真撮影の相場だけではなく費用を安くする方法もわかります。

お宮参りの写真撮影の相場はどれくらい?3つの撮影方法を解説

お宮参りの写真撮影はいくつかの方法があります。ここでは3つの撮影方法とそれぞれの相場やメリット・デメリットについて解説します。

1.写真スタジオで写真撮影するときの相場はどれくらい?

写真スタジオでお宮参りの写真撮影をするときの相場は約20000円〜30000円です。

写真撮影の相場はある程度一定なのですが、写真撮影後にアルバムを作ったりデータを何枚買うかで費用が変わってきます。

うちの場合は写真スタジオで写真撮影をしましたが、メリットは写真のクオリティの高さですね。やはりプロの撮影する写真のクオリティは抜群でした。

デメリットは費用がかかってしまうこと。

しかしプロのカメラマンは赤ちゃんや家族のいい表情を的確に捕らえてくれるので、一生の記念だと考えれば決して高い金額ではないと思います。

写真スタジオでアルバムやフォトプレートを買うと、合計で50000円はかかってしまうので注意が必要です。

写真スタジオで費用を安くするコツ

写真スタジオでの写真撮影はどうしても費用がかかりますが、少しでも費用を安くするためには、アルバムやフォトプレートを買わないのが一番です。

写真スタジオでは撮影した写真で素敵なアルバムやフォトプレートを作ってくれるのですが、このアルバムの費用がかなり高いです。

なのでたくさん撮った写真の中から、気に入った写真データを厳選して買うのが費用を安く済ませるコツです。

データも1枚あたりいくらという考え方です。あれもこれも選びたくなるのですが、そこはグッとこらえて写真を選ぶことが大切です。

買ったデータはオンライン写真サービスを使ってフォトブックを作るといいでしょう。写真スタジオでアルバムを作るより費用が圧倒的に安くなります。

僕が使っているオンライン写真サービスのプリミィ(Primii)については、こちらの記事でくわしく書いています。便利すぎて一度使うと手放せません。

オンライン写真サービス「プリミィ(Primii)」をお得に登録する方法!育児情報雑誌「ひよこクラブ」でも紹介されたオンライン写真サービス「プリミィ(Primii)」。プリミィはプチプラで毎月フォトブックが1冊...

2.出張写真サービスを利用して写真撮影するときの相場

出張写真サービスとは、その名のとおりお宮参りへ行く神社にプロのカメラマンが来て写真を撮影してくれるサービスです。

写真スタジオのように色々な撮影設備や小物はありませんが、その代わりに自然でクオリティの高い写真が撮れることがメリットです。

出張写真サービスの相場は約20000円〜25000円です。

スタジオ撮影ではないものの、プロのカメラマンが出張してきてくれるため費用は高めですが、家族の自然な表情を写真で残せるのがメリットです。

こちらもデメリットは費用がかかってしまうこと。

しかし出張写真サービスは撮影したデータをもらえるので、アルバムにしたりプリントしたり自由に選択できるのもメリットですね。

出張写真サービスで費用を安くするコツ

出張写真サービスの費用を安くするコツは、大手の会社が運営しているサービスではなくフリーランスのプロカメラマンに頼むことです。

フリーランスのカメラマンなら、交渉次第で大手の出張写真サービスと比べて費用を安くできる可能性があります。

3.自分で写真撮影をするセルフ撮影

自分で写真撮影をするセルフ撮影なら費用は安く済みます。写真撮影用に新しくカメラを買ってもいいですし、自分が持っているスマホで撮影してもOKです。

カメラを買うとなると最低でも30000円以上はかかってしまいますが、今持っているスマホを使えば写真撮影にかかる費用は0円で済みます。

メリットは圧倒的な費用対効果ですね。

デメリットとしては写真撮影する人が素人だということ。プロのように上手な写真を撮るのはかなり難しいです。

しかし今のスマホのカメラは性能がいいので十分キレイな写真撮影が可能です。プロのカメラマンではなくても、納得できる写真が撮れるのではないでしょうか。

スマホで撮影した写真はカメラ屋さんで写真プリントしたり、オンライン写真サービスを使ってフォトブックにするのも記念になるのでおすすめです。

うちは写真スタジオで写真撮影をしましたが、神社では自分のスマホで家族写真を撮り、オンライン写真サービスを使ってフォトブックにしています。もちろんこれを発注したりするのは、パパである僕の仕事です。

オンライン写真サービス「プリミィ(Primii)」をお得に登録する方法!育児情報雑誌「ひよこクラブ」でも紹介されたオンライン写真サービス「プリミィ(Primii)」。プリミィはプチプラで毎月フォトブックが1冊...

地方ならではかもしれませんが、僕が行った神社は神主さんが家族の写真撮影のときにシャッターを押してくれたので、頼めば撮影してくれる神社もあるかもしれませんね。

セルフ撮影で費用を安くするコツ

自分で撮影するセルフ撮影で費用を安くするコツは、お宮参りのために新しいカメラを買わずに手持ちのスマホで撮影することです。

今のスマホのカメラはかなり性能が良いので、わざわざ新しくカメラを買わなくても満足できる写真が撮れるはずです。

フォトブックはオンライン写真サービスを使えばお得に作ることができますよ。

写真撮影の他にかかる費用の相場

お宮参りでは写真撮影の他にも色々と費用がかかってきます。なので写真撮影の他にかかる費用のことも前もって考えておきたいですね。

1.赤ちゃんの着物のレンタル代

お宮参りのときは赤ちゃんに着物を着せるのが一般的。

着物といっても掛け着をかけるだけのスタイルが多いですが、買う場合でもレンタルの場合でも費用がかかります。

掛け着のレンタルの相場は約10000円です。

お宮参りの赤ちゃんの服装の選び方についてはこちらの記事でくわしく書いています。

お宮参りの赤ちゃんの服装の選び方!掛け着とドレスどっちがいい? お宮参りの赤ちゃんの服装の選び方がわからない お宮参りの赤ちゃんの服装は掛け着とドレスどっちがいい? お宮参...
お宮参りの着物は誰が買うのが正しい?ネット通販で買うべき理由 お宮参りの着物は誰がどこで買えばいい? お宮参りの着物をレンタルするのはダメ? お宮参りの着物をネット通販で買う...

2.神社に納める初穂料

神社に納める「初穂料(はつほりょう)」は、お宮参りに行った神社でお祈りをしてもらうために納めるものです。

この神社でお祈りしてもらうことを、正式には「祝詞(のりと)を上げる」といいます。

この祝詞を上げるときに納めるお金が初穂料なのですが、昔はパパの両親が出すことが一般的でした。

しかし最近では初穂料は誰が出してもいいとされています。なので初穂料は赤ちゃんのパパとママが出すことが多いようですね。

うちの場合も初穂料は僕たち夫婦が出しました。初穂料の相場は5000円です。

初穂料の金額は神社によっても違うので、お宮参りに行く予定の神社に前もって確認しておくことをおすすめします。

この事前の確認をパパが率先して行動できると、ママも喜んでくれると思います。

お宮参りのときの初穂料についてはこちらの記事でくわしく書いています。

お宮参りの初穂料のお金の入れ方や封筒の書き方!初穂料の相場はどれくらい? お宮参りの初穂料のお金の正しい入れ方は? 初穂料の封筒の書き方がわからない 初穂料の相場はどれくらい? ...

3.お宮参りの後の食事代

お宮参りの後は、参加してくれた両親たち家族へお礼の意味を込めて食事会を開くのがおすすめです。

食事会を開くことは一般的ではありますが、最近では省略することもあるようです。

しかし赤ちゃんのためにせっかく家族がお祝いしてくれているので、しっかり感謝の気持ちを持って食事会を開きたいところです。

食事代の相場は、家族からのお祝い金と同じくらいの金額で準備するといいでしょう。

食事会はお宮参りで疲れた後なので、できれば自宅で開くことをおすすめします。仕出しや宅食サービスを利用すると便利です。

お宮参りの写真撮影の注意ポイント

お宮参りでは赤ちゃんのかわいい姿をしっかりと写真に残しておきたいもの。

そこで僕が実際に体験した、お宮参りの写真撮影の注意ポイントについて解説します。

写真撮影の前に授乳を済ませておく

生後1ヶ月頃の赤ちゃんは授乳のリズムがまだ定まっていません。なので赤ちゃんが空腹になって泣かないように、写真撮影の30分前には授乳を済ませておくことをおすすめします。

ただし満腹にはさせないことがポイントになります。満腹にさせてしまうと赤ちゃんが眠ってしまうからです。

適度にお腹が満たされた状態は、赤ちゃんの機嫌が一番良くかわいい写真が撮影しやすいです。

うちの場合は近所の氏神様のいる神社へ行ったので、写真撮影の30分ほど前に授乳を済ませてからお宮参りに行ったので時間調整はバッチリでした。

写真撮影を短時間で済ませる

生後1ヶ月の赤ちゃんにとって長時間の写真撮影は疲れてしまいます。これは産後間もないママにとっても同じことが言えます。

なのでパパは赤ちゃんやママの体が疲れやすいということをしっかり頭に入れておいてくださいね。短時間で済ませる気遣いは大事です。

神社に写真撮影のルールを確認しておく

僕が行ったような田舎の小さな神社では、写真撮影のルールはそれほど厳しくありません。

しかし有名な大きい神社などでは、境内での撮影がダメだったり三脚の使用が禁止されていたりします。

なのでパパはお宮参りに行く神社に、事前に写真撮影のルールを確認しておくことをおすすめします。

お宮参りで撮影した写真データはどうする?

お宮参りで写真スタジオや出張写真撮影サービスを利用して写真データを買った場合、どう楽しめばいいのか考えてみましょう。

フォトブックを作る

カメラ屋さんやコンビニに行って写真をプリントアウトするのもいいですが、フォトブックを作ってみることをおすすめします。

フォトブックを作るには、オンライン写真サービスを利用するのが簡単で便利です。

オンライン写真サービスは、写真スタジオで作るフォトブックよりお得にフォトブックを作ることができます。

自分でコメントを入れたり、ネットやアプリで簡単に注文できてしまうのが魅力的。僕みたいに不器用で面倒くさがりのパパにはもってこいのサービスです。

ぜひオリジナルの素敵なフォトブックを作ってみてくださいね。

オンライン写真サービス「プリミィ(Primii)」をお得に登録する方法!育児情報雑誌「ひよこクラブ」でも紹介されたオンライン写真サービス「プリミィ(Primii)」。プリミィはプチプラで毎月フォトブックが1冊...

プリントアウトして飾る

もちろん写真をプリントアウトして飾るのもOKです。

今は100円ショップでも写真用のオシャレなグッズが売っていたりするので、壁に飾ったりフォトフレームなどに入れて飾るだけで立派に見えますよ。

自分でひと手間加えて飾りたい人にはピッタリの方法です。

まとめ

お宮参りの写真撮影にかかる費用の相場について解説してきましたが、もう一度内容を確認しておきましょう。

●お宮参りの写真撮影の相場

  • 写真スタジオ:約20000円〜30000円 ※アルバムやデータを買う枚数によって金額が変わる(プラスになる)
  • 出張写真サービス:約20000〜25000円 ※撮影したデータをもらえる
  • セルフ撮影:0円 ※自分でプリントアウトやオンライン写真サービスを使いフォトブックにする

●お宮参りの写真撮影にかかる費用を安くするコツ

  • 写真スタジオ:アルバムやフォトプレートを買わずにデータを厳選して買う
  • 出張写真サービス:フリーランスのプロカメラマンに頼めば、相場より安くなる可能性あり
  • セルフ撮影:カメラを買わずに自分のスマホで撮影する

お宮参りの写真撮影は赤ちゃんとママに無理をさせないことが大切

お宮参りは赤ちゃんと家族にとって記念すべき大切な行事ですよね。写真もたくさん撮って思い出を作ってあげたい気持ちは僕も痛いほどわかります。

しかし赤ちゃんが生まれてからまだ1ヶ月程度しか経っていないので、赤ちゃんもママも疲れやすく急に体調を崩すことも考えられます。

なのでパパは「赤ちゃんとママに無理をさせないこと」を常に頭に置いて行動するように心掛けてくださいね。