行事・イベント

帯祝いは誰が食事代を払えばいい?外食と仕出しどちらがおすすめ?

帯祝いは妊娠5ヶ月目の戌の日に安産を願って腹帯を巻く儀式です。

帯祝いは神社に行って安産祈願をしますが、食事代を誰が払えばいいのかわかりませんよね。しきたりで誰が食事代を払うのかが決まっているのでしょうか?

実は帯祝いの食事代は誰が払うか決まりはありません。つまり誰が食事代を払ってもいいのです。

さらに食事を外食にするか仕出しを取るかという問題も出てくるでしょう。しかし、それぞれのご家庭に合ったやり方で問題ありません。

この記事では、帯祝いの食事のことを中心に詳しく解説していきます。

帯祝いの食事代は誰が払ってもいい

帯祝いの食事代は誰が払ってもいい理由について説明します。

そもそも帯祝いは、昔のしきたりでは「夫婦と両家の両親が集まって行う儀式」です。

昔は、結婚した夫婦は夫の両親と同居するのが当たり前だったので、帯祝いの食事代は夫の親が払うのが当たり前でした。

でも、今は夫の両親との同居は当たり前のことではなくなっていますよね。なので、帯祝いの食事代は誰が払ってもいいと言われています。

実際には、今は夫婦(妊婦さんと夫)が帯祝いの食事代を払うことが多いようですね。

うちの場合も夫婦が帯祝いの食事代を払いました。これは妻の母親が腹帯を準備してくれていたので、「それなら食事代はうちが出すよ」という感じで決まりました。

帯祝いの食事は外食と仕出しどちらがおすすめ?

帯祝いの食事は外食と仕出しどちらがいいのかというと、実はどちらでもかまいません。

それぞれのご家庭に合ったお祝いの食事の仕方で問題ないです。

先ほども書いたとおり、昔は夫の実家で同居する夫婦が多く、帯祝いの食事も自宅でする家庭が多かったんです。

夫のお母さんが一生懸命食事の準備をして、みんなに料理を振る舞っていたんですね。

しかし、今は両親と同居していない家族も多いので、夫の実家ではなく夫婦の自宅に集まることが増えています。この場合は、仕出しを取って自宅で帯祝いの食事をすることが多いようです。

しかし、最近では帯祝いの食事を料亭やレストランで外食にする家庭も増えています。

うちが帯祝いの食事を外食にした理由

うちも帯祝いの食事を外食にしたんですが、これには理由があります。

当時うちは賃貸のコーポに住んでいたので、両親たちを家に呼ぶことが難しかったんですね。

まず住まいがコーポなので部屋が狭いという問題がありますし、テーブルも小さくイスも足りない。そもそも駐車場もないし。という理由からみんなを呼ぶには空間的に狭すぎました。

地方在住なので車が停められないというのは、なかなか大きな問題なんです。

そして、安産祈願のために神社へお参りに行くので、どうせ外出するなら外食にしようという結論になりました。

うちの場合は料亭には行かず、親たちの好きなメニューがある店を選んでもらって食事をすることにしました。料亭等に行くのに比べて、金額的にもかなりリーズナブルに済みましたね。

帯祝いの食事は外食と仕出しどちらがおすすめなのかというと、うちが外食を選んだということもありますが、準備や片づけのことを考えると、個人的には帯祝いの食事は外食がおすすめです。

帯祝いの正しいお祝いの仕方は?

帯祝いは妊婦さんが妊娠5ヶ月目に入った戌の日に、神社へ安産祈願に行きお腹に腹帯を巻きます。

妊婦さんに腹帯を巻くのは、昔は帯役(子宝に恵まれた女性)でしたが、今は妊婦さん本人が巻いたり、妊婦さんの母親(または妊婦さんの義理の母親)が巻いたりしているんです。

正しいお祝いの仕方は、これからパパになる旦那さんも知っておいて損はないですよ。

正しい帯祝いのお祝いの仕方
  1. 神社に腹帯を持ち込んで安産祈願をする(腹帯のお祈りをしてもらう)
  2. 安産祈願の後、お祈りしてもらった腹帯を妊婦さんのお腹に巻く
  3. 神社にお参りをした後は家族で食事をする

腹帯は妊婦の実家から贈るものだった

妊婦さんがお腹に巻く腹帯は、昔は妊婦さんの実家から贈るというしきたりがありました。

今でも妊婦さんの母親が贈ることも多いようですが、人によっては妊婦さん本人が腹帯を買うこともあるようです。

ちなみに、うちの場合は妻の母親が腹帯を用意してくれました。ただ、定番の腹帯をいただいたので、その後うちの妻は自分が使いやすい簡単に取り外しできるものを買っていましたね。

帯祝いには誰が参加するの?

帯祝いは、昔は家族や親戚が集まって盛大にお祝いをしていたそうです。

しかし、時代は流れて今の参加者は妊婦さん夫婦と両家の両親を呼んでお祝いをする家庭が多いようです。

家庭によっては、夫婦と妊婦さんの両親だけが参加するということもあるようですね。

まとめ

帯祝いの食事は昔は夫の親が払うものでしたが、今では誰が払ってもいいと言われています。

食事の方法も変わってきているので、外食をしても仕出しを取ってもどちらでもかまいません。

帯祝いは日本の昔からのしきたりで、昔ほど細かく決まりに縛られている人は減っているように思います。

しかし帯祝いで安産祈願に行くことは、今でも大切にされているしきたりなので、これからも大切にしてほしいものですね。