児童手当の金額の総額は?いつまでもらえるのかと早生まれは損の真実




児童手当とは、子どもがいる家庭に「子育て支援」として国からもらえるお金です。

子どもを育てていくためには、生活費だけでなく教育費などお金がかかりますよね。家族が安定した生活をおくるために、国から支給されるのが児童手当なんです。

はじめて子どもが生まれるお父さんやお母さんは、児童手当の金額の総額はいくらもらえるのか、いつまでもらえるのか気になるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、児童手当についてくわしく解説していきます。

児童手当の金額はいくらもらえるの?

児童手当の金額がいくらもらえるのかは、1番気になるところですよね。実は、児童手当のもらえる金額は子どもの年齢によって違います。

年齢ごとの児童手当の金額
  • 3歳未満の子ども・・・月1万5千円
  • 3歳以上で小学校卒業までの子ども・・・月1万円
  • 中学校卒業までの子ども・・・月1万円

ただ、「3歳以上で小学校卒業までの子ども」の場合、3人め以降だと月1万5千円です。

児童手当は6月・10月・2月の3回にわけて4ヶ月分がまとめてもらえます。毎月もらえるわけではないので、注意が必要です。

子どもを育てるにはお金がかかるので、子ども1人につき月1万円〜1万5千円を国からもらえるのは、とてもありがたいですよね。

児童手当はいつまでもらえるの?

児童手当は「子どもが生まれてから15歳の年度末まで」もらえます。

つまり、子どもが0歳のときから中学校を卒業するまで児童手当をもらうことができるのですね。

児童手当の金額の総額はいくら?

児童手当は、子どもが生まれてすぐもらうことができるので、0歳から中学校を卒業するまでもらうと、金額の総額は約200万円になります。

年齢ごとの児童手当の金額の総額
  • 3歳未満の子ども・・・月1万5千円×36ヶ月=54万円
  • 3歳以上で小学校卒業までの子ども・・・月1万円×72ヶ月=108万円
  • 中学校卒業までの子ども・・・月1万円×36ヶ月=36万円

これらを合計すると198万円になり、約200万円の児童手当がもらえるのです。

児童手当は早生まれの子どもが損をする真実

早生まれの子どもは遅生まれの子どもとくらべて、児童手当のもらえる額で損をしてしまいます。

なぜなら、4月生まれの子どもと3月生まれの子どもとでは、3歳になってから小学校へ入学するまでの期間が違うからです。

  • 4月生まれの子ども・・・47ヶ月
  • 3月生まれの子ども・・・36ヶ月

このように、早生まれと遅生まれの子どもでは生まれた月が11ヶ月違うので、もらえる金額もかわってしまうのです。

児童手当は親の所得によって違う

児童手当は、親の所得によってもらえる金額が違います。

親の所得が所得制限より多いときは、児童手当ではなく「特例給付」となり、もらえる金額が子ども1人あたり月5,000円となります。

ちなみに、所得制限の目安は960万円なので、よほど所得が多い家庭でない限り超えることはないでしょう。

これは、共働きの家庭でも2人の所得の合計ではなく、所得が高い方で考えられます。

児童手当の手続きはどうすればいい?

児童手当をもらうためには、申請手続きが必要です。

子どもが生まれたら、自分で市区町村に申請するのですが、原則として子どもが生まれてから15日以内に申請しなければいけません。

子どもが生まれて出生届けをしたからといって、自動的にもらえるわけではないので注意してください。

児童手当は申請した次の月からがもらえる対象となるので、子どもが生まれたら早めに申請をするのがお得です。

他の市区町村から引っ越してきたときには、その市区町村に対しての申請手続きが必要になります。

面倒ですが、損をしないためにも申請しておきましょう。

児童手当は毎年6月に現況届が必要

児童手当をもらうには、毎年6月に「現況届」を出す必要があります。

これは、それぞれの市区町村に出す書類で、いままでどおり児童手当をもらう資格があるかを調査するためのものです。

市役所などから、児童手当をもらっている各家庭に「現況届の書類」が届くので、それに記入して送り返す必要があります。

現況届を出さなければ、一時的に児童手当が止まることがあるので注意してください。

児童手当の金額の総額は?いつまでもらえるのかと早生まれは損の真実 まとめ

児童手当について解説してきましたが、ポイントをまとめます。

児童手当のポイント
  • 児童手当をもらえる金額の総額は、約200万円
  • 児童手当は、0歳から中学校を卒業するまでもらえる
  • 早生まれと遅生まれの子どもでは生まれた月が11ヶ月違うので、もらえる金額が少なくなる

児童手当は子どもが生まれてすぐもらえるお金なので、なるべく早く手続きをして、子どものためにしっかり貯めておくのがおすすめです。