お食い初め

お食い初めのやり方は?誰が食べさせるのか食事メニューと順番を紹介

  • お食い初めのやり方がわからない
  • お食い初めは誰が食べさせればいいの?
  • お食い初めの食事メニューと順番を教えて

赤ちゃんの生後100日頃にする「お食い初め」の儀式。 初めてのパパは「お食い初めのやり方や順番」がわからなくて困りますよね。

この記事では、お食い初めのやり方や順番についてくわしく解説します。この記事を読むと初めてのパパもしっかりお食い初めの準備ができるようになります。

お食い初めとは?

お食い初めとは赤ちゃんの生後100日をお祝いする行事で、始まりは平安時代だったといわれています。

生まれて100日経ったことで、赤ちゃんがしっかり成長していることを神さまに報告して感謝をする儀式でもあるのです。

お食い初めの儀式のポイントは「赤ちゃんが一生食べものに困らないように」という願いを込めて、食事を食べさせる「まね」をすること。

この時期の赤ちゃんはまだ食べものが食べられないので、本当に食べさせないように気をつけてください。

お食い初めをするのはちょうど生後100日じゃないとダメ?

ちなみに、お食い初めは赤ちゃんの生後100日をお祝いする儀式ですが、儀式をする日は、赤ちゃんが生まれてから100日後〜120日後くらいです。

「ちょうど生後100日のときに儀式をしないといけない」というわけではないので安心してください。参加する人たちの都合がよく、大安など縁起のいい日にするといいでしょう。

お食い初めは、赤ちゃんが生まれて100日を祝うことから、「百日祝い(ももかいわい)」ともいわれています。

お食い初めのやり方4つのポイント

お食い初めのやり方を4つのポイントに絞って紹介します。

  1. お食い初めの食事を祝い膳に用意する(一汁三菜)
  2. 赤ちゃんを養い親(やしないおや)のひざに座らせる
  3. 正しい順番で食べさせるまねをする(赤ちゃんの口に食べものを近づける)
  4. 歯固め(はがため)をする(祝い箸で歯固めの石に触り、その箸を赤ちゃんの歯ぐきに軽くあてる)

養い親(やしないおや)は、お食い初めの儀式に参加している人の中で、赤ちゃんと同性の1番年上の人が務めることになっています。

お食い初めで準備するもの4つ

お食い初めの儀式で準備するものは、

  • お食い初め用の食事
  • お食い初め用の食器
  • 祝い箸
  • 歯固めの石

この4つです。

お食い初め用の食器は漆器や素焼きのものを使うのですが、男の子と女の子で違いがあります。

  • 男の子・・・外側も内側も朱色に塗られたもの
  • 女の子・・・外側が黒で塗られたもの、内側は朱色で塗られたもの

お食い初めは誰が準備するの?

お食い初めに必要な食事や食器などの準備は誰がするのでしょうか?

実はお食い初めの準備をするのは「赤ちゃんの両親」です。

お食い初めは赤ちゃんの生後100日を祝う行事ですよね。なので、当然赤ちゃんの両親が準備をしないといけません。

子供の誕生日を両親が祝うのが当然のように、お食い初めを祝うのも同じような感覚です。

お食い初めには誰を呼べばいい?

お食い初めの儀式にはいったい誰を呼べばいいのでしょうか?親せきや友だちなども呼ぶのか気になるところ。

お食い初めの儀式は「赤ちゃんが一生食べものに困らないように」という願いを込めてするものなので、親しい身内でお祝いするのが一般的です。

なので赤ちゃんの両親以外に、

  • 赤ちゃんの父親の両親
  • 赤ちゃんの母親の両親

を呼びます。

もちろん他に親しくしている親せきなどがいれば、お食い初めに呼んでも問題はありません。中には友だちを呼ぶ人もいますがこちらも大丈夫です。

うちの場合は僕たち夫婦以外に、

  • 妻の両親
  • 妻の祖母
  • 妻の兄

を呼びました。少し変わった組み合わせでしたが、みんなに祝ってもらえて楽しいお食い初めになりました。

お食い初めの食事を食べさせるのは誰?

では、お食い初めの食事を赤ちゃんに食べさせるのは誰なのでしょうか?

赤ちゃんに食事を食べさせる人のことを「養い親(やしないおや)」といい、養い親になるのは、お食い初めの儀式に参加している人の中で赤ちゃんと同性の1番年上の人です。

これは昔からの習慣として最年長の人が食べさせていたからなのです。

昔は村の長老が大事にされていたように、「年長者に食べさせてもらうことは縁起がいいこと」として考えられていたのですね。

うちの子供は女の子なので、妻の祖母に養い親を務めてもらいました。

お食い初めの食事メニュー

お食い初めの食事メニューは「一汁三菜」で、メニューの内容は5種類あります。

  1. 赤飯
  2. お吸いもの
  3. 煮もの
  4. 香のもの

お食い初めの食べさせる順番

お食い初めの食事を赤ちゃんに食べさせる順番は、

  1. ご飯(赤飯)
  2. お吸いもの
  3. ご飯(赤飯)
  4. 魚(鯛)
  5. ご飯(赤飯)
  6. お吸いもの

この順番で3回くり返すのが、お食い初めの正しいやり方です。

その後は歯固めの石に祝い箸で触って、その箸を赤ちゃんの歯ぐきに軽くあてる「歯固めの儀式」をします。

これでお食い初めの儀式は終わりです。

お食い初めの儀式の後は?

お食い初めの儀式が終わった後は、家族みんなで記念写真を撮ったり食事会をして楽しい時間を過ごしてください。

家族によっては写真スタジオに記念写真を撮りに行く人もいるようです。

うちの場合は写真スタジオには行かず自分のスマホで写真を撮りました。

これには理由があって、もちろん写真スタジオの写真はキレイなのですが高めの費用がかかってしまいます。

しかし今のスマホのカメラは素人でもキレイな写真が撮れるので、十分だと思ったからです。撮った写真はフォトブックにして大切に保管しています。

僕は月額330円のオンライン写真サービス「Primii(プリミィ)」を利用しているので、こちらを使いました。毎月1冊フォトブックをもらえて子供の成長記録にもなるので愛用しています。

→「Primii(プリミィ)」の詳細を見てみる

まとめ

お食い初めについてくわしく紹介してきましたが、最後にもう一度内容を確認していきましょう。

●お食い初めのやり方4つのポイントは

  1. お食い初めの食事を祝い膳に用意する(一汁三菜)
  2. 赤ちゃんを養い親(やしないおや)のひざに座らせる
  3. 正しい順番で食べさせるまねをする(赤ちゃんの口に食べものを近づける)
  4. 歯固め(はがため)をする(祝い箸で歯固めの石にさわり、その箸を赤ちゃんの歯ぐきに軽くあてる)

食べさせるのは養い親(やしないおや)という、儀式に参加している1番年上の人です。

 

●赤ちゃんに食事を食べさせるまねをする順番

  1. ご飯(赤飯)
  2. お吸いもの
  3. ご飯(赤飯)
  4. 魚(鯛)
  5. ご飯(赤飯)
  6. お吸いもの

この順番で3回くり返して、最後に歯固めの儀式をします。

お食い初めは赤ちゃんの生後100日の成長をお祝いする大切な行事です。

これから先も赤ちゃんが元気に成長していけるように、集まった家族みんなで盛大にお祝いしてあげてくださいね。