清明と暦の関係とは?意味や由来を簡単に説明する2つのポイント!




年中行事の1つの清明(せいめい)ですが、あまり聞き慣れない言葉で意外と知られていないようなんですよね。

そこで今回は清明と暦の関係について、そして清明の意味や由来を簡単に説明するポイントを2つご紹介します。

清明と暦の関係は?

清明(せいめい)と暦の関係とはいったいどのようなものなんでしょうか?

日本には二十四節気(にじゅうしせっき)という、1年間を季節の節目ごとに24個にわけたものがあります。

清明はこの二十四節気の5番目の節気(せっき)なんです。

もともと二十四節気は中国から伝わってきたものなんですが、季節を身近に感じることができます。

というのも、春夏秋冬のように季節を4つにわけるよりも、さらに細かく24個にわけることで、その節気ごとの特徴を感じることができるからです。

清明は俳句の季語としても使われているんですよ。

清明の意味や由来を簡単に説明する2つのポイント

ここでは清明の意味や由来について、簡単に説明するポイントを2つご紹介していきます。

ポイント1.清明の由来

まず清明の由来ですが、清明とは「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)という言葉を略したもの」と言われています。

あまり聞き慣れない言葉ですよね。

この清明の由来となった「清浄明潔」という言葉は、日本の暦についてくわしく書かれた暦便覧(こよみびんらん)という本に載っています。

「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」

と、かなりむずかしい言葉で書かれているので、つぎに清明の意味についてわかりやすく書いていきます。

ポイント2.清明の意味

清明は「空気が澄み渡り太陽の光が明るく色んなものを照らして、すべてがあざやかにはっきりと見える季節」という意味なんです。

簡単に説明すると「すべてのものが生き生きとして、あざやかに見える季節」という意味ですね。

考えてみると、清明の時期の4月4日ごろというのは、色んな植物の芽が出て葉っぱが開いてきますよね。

まるで植物たちが、あたたかい太陽の光を浴びる姿が目に浮かぶようです。

清明とはいつ頃のことなの?

清明がいつなのかというと、日付がはっきり決まっているわけではありません。

ただ毎年4月5日か4月5日になっていて、節気のはじめの日を清明ということが多いですね。

でも、次の節気が来るまでの4月4日〜4月19日までの約15日間を清明ということも言うこともあるんですよ。

清明の旬の食べもの

清明の時期に旬となる食べものには

  • 新じゃが
  • 初ガツオ
  • にら
  • いちご
  • しらす
  • さわら

など、春らしい食べものが多いですね。

じゃがいもはいつの時期でも食べられていますが、やはり新じゃがの香りとやわらかい食感は美味しくて、ついつい特別あつかいしてしまいますよね。

清明の行事やイベント2つ

清明の行事ってイメージが湧きにくいかもしれませんね。ここでは2つの行事・イベントをご紹介します。

灌仏会(かんぶつえ)

灌仏会といって、お釈迦さまの誕生をお祝いするお祭りです。花まつりという呼び方もされていて、こちらの方が有名かもしれません。

花まつりは毎年4月8日におこなわれています。

十三詣り(じゅうさんまいり)

十三詣りとは、毎年4月13日に数え年で13歳の子どもがお寺にお参りをする行事のことです。

これは13番めに生まれた菩薩(ぼさつ)「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」がまつられているお寺にお参りをします。

虚空蔵菩薩がまつられているお寺で有名なところは、京都の嵐山にある「法輪寺」というお寺です。

もちろん他の地域にも虚空蔵菩薩がまつられているお寺はありますよ。

なぜ虚空蔵菩薩をお参りするの?

これは虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)が知恵をつかさどっている菩薩(ぼさつ)とされているからで、13歳の子どもが知恵をさずかりに行くんだとか。

清明は中国では大きな行事だった

日本ではあまり知られていない清明ですが、中国では清明節(せいめいせつ)と呼ばれ、祝日になっているんです。

日本ではあまり有名じゃないので意外ですよね。

ではこの清明節に何をするのかというと、ご先祖さまのお墓参りや掃除をします。日本のお盆に近い行事なんでしょうね。

清明節には凧あげをしたりもするそうなんです。家族にとって大きなイベントのようです。

日本人がお盆の行事を大切にするように、中国の人たちにとって清明節は大切な行事としてあつかわれています。

そう考えると、私たち日本人も清明を1つの季節の節目として大切にしていきたいですよね。

清明は沖縄ではシーミーという

実は、清明は沖縄ではシーミーと呼ばれていて、漢字では「清明祭」と書きます。

もともと中国から伝わった清明ですが、沖縄では中国と同じようにご先祖さまのお墓参りをして掃除をして、みんなでご飯を食べる風習があるんです。

一般的なものでいうと野外レジャーのようなもので、バーベキューやピクニックといった雰囲気に近いかもしれません。

お正月には帰れなくても、シーミーには必ず帰ってくるという人もいるほど、沖縄の人たちにとってシーミーは大切な行事なんですね。

清明と暦の関係とは?意味や由来を簡単に説明する2つのポイント!まとめ

清明(せいめい)についてくわしく書いてきましたが、

  • 清明と暦(こよみ)の関係は、清明は二十四節気(にじゅうしせっき)の5番目の節気(せっき)のこと
  • 清明の由来は、清浄明潔(しょうじょうめいけつ)という言葉
  • 清明の意味は、「すべてのものが生き生きとして、あざやかに見える季節」という意味

日本ではあまり馴染みのない清明という行事ですが、中国や沖縄では大切な行事とされています。

春の季節を身近に感じられる清明を私たちも大切にしていきたいですね。